インクジェットって何だろう?

そもそもインクに違いはあるのか

インクジェットプリンターとレーザープリンター、どちらを購入するべきかと悩んでいると結構な頻度で違いというものを知りたがる人は出てくるものだ。中でも仕上がりがどうしてここまで違うのかと、それを疑問に感じた人も少なくないのが事実。そういう部分にも着目する必要があるのかと思うかもしれませんが、地味に見過ごすことのできな違いといえば『インク』という違いについてです。

レーザープリンターではトナーというものを使用して印刷を指定ますが、インクジェットの場合はその名の通りインクを使用しての印刷になります。トナーでの印刷とインクでの印刷、仕上がりもそうですがインクジェットだからといって必ずしも全ての機種が普通用紙に印刷したら滲むかと言えばそんなことはない。同じインクジェットなのにどうしてかというと、ここもまたインクの違いという部分が浮き彫りになるからだ。先ほど軽く話した、文章と画像の両印刷ともに安定した仕上がりをするプリンターも売られている、というのはそういった部分が大きく影響しているのです。

インクの種類

インクジェットに用いられてるインクにも種類があり、『染料インク』と『顔料インク』という2つがあります。それぞれのインクにも得意分野があって、

染料インク
発色が良く、写真撮影に向いている
顔料インク
印字に優れ、滲むことがほとんどないため文書印刷に最適

こうした部分にも注目したい。

実のところ、現在発売されているインクジェットプリンターの中にはインクによる小さな違いがあるのです。例えば同じインクジェットでも滲まないような物もあれば、面白いくらいくっきりした印刷のスタイルが出ている。これもまたプリンター本体の、用いられているインクには通常顔料が含まれているのかいないのかを知ることも大事だ。テキストと画像、どちらも安定した仕上がりになると言われているものは、顔料と染料の両方が用いられているのです。

インクジェットの強みとして

ではどうしてインクジェットプリンターが一番主流と、家庭で使用されるのが当たり前と言われる由縁にあるのが『色の再現性が高い』という点だ。これはそれぞれ指定したファイルの色を直接紙に吹き付ける方式だからこそ可能な再現性となっている、ただその分使用する用紙をきちんと対応できるようにしておかないと滲んだりして見えにくくなってしまう、ということになりかねない。

一回に印刷できるスピードにも限度はあり、その点はどうしてもレーザープリンターよりも劣っている点が否めない。コスパ的に見ればレーザープリンターよりも高いように見えるかもしれませんが、実はインクジェットプリンターの方が電気代という面で少なからず安上がりになるという利点もあります。大量に印刷するという意味ではモノクロレーザープリンターには勝てませんが、消費電気量という意味では家計に易しいという側面もあります。

デメリットとして

インクジェットならではのデメリットといえるのが、カートリッジで販売されているインク量がどうしても少ないという点もデメリットになる。量が少ないせいで交換する機会も多く、その分だけインク代がかさんでしまうという問題も浮上してきてしまいます。こうしたところもレーザープリンターと違って高くなってしまうので、使用頻度を考えてインクジェットではコスト面で負担が大きすぎる、なんてことにもなる。

趣味程度ならば

インクジェットプリンターといっても、インクの種類や性能などを見てみると実は自分にはインクジェットは不向きかもしれない、そう結論に至る人もいる。そうした違いが生まれるのは、何と言っても年間でどの程度印刷する回数が多いかで決まってくるからだ。それこそ趣味で写真印刷をするものの、月に数度という頻度であれば十分に事足ります。ですがもし仮に、仕事柄頻繁にプリンターの稼動を行うような仕事をしている人、代表的なのは同人活動などといったことをしている人がインクジェットを使おうものならな、もう恐ろしいほどコスパが悪くなってしまいます。

インクジェットにも文書やテキストに強いバランスタイプのプリンターは存在します、ですがそれも購入するというのはあまり適切ではないでしょう。極端に印刷する回数が多いとなったら、一層のこと業務用のプリンターの購入も検討すると良いかもしれません。

頻度の多さが懐事情へとダイレクトに響くので、見過ごすことの出来ない問題だということだけは覚えていよう。