何を一番プリントするか

一番の焦点はそこになる

ビジネスにも対応するプリンターとなると、正直選択に困る人も少なくないでしょう。レーザープリンターは今でこそインクジェットよりも市場は狭くなってきていますが、文字印刷という意味ではその速さはダントツで優れています。仕事先で画像は勿論、文書も適度に印刷するなら両方の特性を持ち、バランスよく印刷してくれるものの購入が鍵となります。

仕事での使用となれば写真や画像もそうですが、同時に文書の印刷をする頻度が格段に増えるのは言うまでもありません。だからインクジェットを買えば良いかといえば、そういう話でもないでしょう。これも将来的なコスパを考えて慎重に選んでいく必要があるものの、今のところ結論に近いものはすでに出ているといえるのです。

ビジネスでの使用を検討しているなら、『カラーレーザープリンター』の購入を検討してみるのが良いのだ。実際、企業で使用されているプリンターはほとんどがそれのはずだ。インクジェットと比べてもやはり後から負担となる重荷を軽くする意味でも、レーザープリンターがオススメという人は多いようです。

カラーレーザープリンターの印象として

レーザープリンターについていうと、個人的な偏見ではモノクロ印刷しか出来ない、なんてイメージが強かったりする。それもかなり古い印象なのかもしれませんが、別段間違っていないだろう。ただカラーレーザープリンターが登場したからといって、購入しようと手を伸ばそうとしても値段が恐ろしくて見ていられない、なんて恐怖心も少なからずあります。ですがここ最近販売されているものについては、値段が格段に安上がりとなっているので、10年ほど前と比べれば十二分に手が届くものとなっているのだ。

物によっては10万円単位の値段で販売されている物もありますが、それは確実に業務用と言っていいでしょう。家庭用で見れば、一番安いものでも1,000円単位で売られているものもある。安ければ良いというものでもないので、そこはやはりメーカーや特徴など、これまで紹介してきたプリンター選びの条件を加味して行くと欲しい商品が見つけやすくなるはず。

お求めやすくなってはいるものの、トナー代もそれにつられて適切な値段で販売されているかと言われたら、そうは問屋が卸さないようだ。逆にモノクロのレーザープリンターよりも負担を伴ってしまう可能性もあるので、そこはしょうがないと納得した上で購入を決断するしかないでしょう。

インクジェットの怖さ

ただインクジェットはビジネスでも家庭でも少しばかり面倒な部分が出てくる時があります、それは印刷するためのインクが目詰りしてしまうという問題です。これは良くありがちなトラブルになりますが、インクジェットはインクを直接用紙に吹きかけて印字していく。ですがもし、ここでカートリッジの中の1つでも目詰まりを起こしていたとしたらどうなるかというと、それだけで仕上がりに異常をきたす。

長時間使用してもしなくても起きる問題として上げられるため、定期的なヘッドクリーニングを行っていかなくてはならないのが、インクジェットのもう一つの側面になります。印刷してみたら妙に色が垢抜けていると思った人もいるのではないでしょうか。そういう時は確実に目詰りを起こして色が出にくくなっている、間違いないのです。

レーザープリンターにもあるが

印刷におけるこうしたトラブルはレーザープリンターにもあります。感光体に粉を吹き付けて印字するため、自然と感光体そのものが汚れてしまいます。それがドンドン蓄積されていってしまうと、印刷時に何かしらの不備を起こしたり、上手にプリントできなかった、といった問題も出てくるのだ。そのため感光体を定期的に拭くことも大事となってくるものの、メンテンナンスという面ではインクジェットプリンターよりはし易いでしょう。

見えてくる結論として

これらの点を踏まえて考えると、プリンター1台購入するとなったらプリンター特有のポイントや特徴、メーカーが取り扱っている商品における特性といった事は勿論意識したい。ですがそれ以上に考えたいのが、プリンターを購入してから『画像を印刷する機会と、文書を印刷する機会が多い』、どちらが多いかを考えなくてはならない。仮に流行りだからとインクジェットプリンターを買っても、実は文書のほうが圧倒的に多く印刷していたとなったら、それだけで購入が無駄になってしまったと思ってしまうかもしれません。インクに顔料が含まれていればまだバランス型なので悪い買い物ではないかもしれませんが、文書オンリーかつ一回に尽き多く印刷を考えているならレーザープリンターの購入が適切な買い物だったと言えてしまいます。

プリンター1台購入にここまで気を使うこともないだろう、なんて思うかもしれませんが堅実に選んでいくとなったら、意識したい部分は結構あるんです。そこを重視すると、自分の欲しいと思っているプリンターが何かが見えてくるので、購入前に一度熟考することだけは忘れないようにしたい。